本を読むという魔物

最近やっと気づいたんですが、本を読むということは作者の思考、体験、経験をトレースできる。

殆どの人が、トレースをして、ハイ終了。

 

これでは、例えば成功者のサクセスストーリーを読んだとする。

思考・体験をトレースする。

 

 

・ここで、その本以上の事を考えるかどうか。その本を例題にして、その本の作者の思考・体験以上に想像を膨らまらせられるか。これをやらなければ、本をただの知識として記憶や感情、時間とともに只の一瞬の事象になってしまう。

 

良い本に出会う。

考える。

自分なりに抜く。

実行する。

 

それぞれの読書方があると思いますが、

自分がたどり着いた読書法です。